花粉症対策に春菊料理!花粉症を落とす洗濯洗剤

春菊を食べると花粉症に効果があります。春菊には強い抗酸化力を持ったβカロテンという物質が含まれています。βカロテンは体内でビタミンAに変化し、人の体の粘膜を正常にする働きを持っています。目や鼻の粘膜が正常になれば、粘膜の水分が一定に保たれ、花粉が体内に侵入するのを防ぐことができます。βカロテンは加熱したり油を加えたりして調理すると、吸収率がアップします。春菊を使って簡単に作れる料理としては、炒め物があります。まず、春菊を食べやすい長さにカットします。次に、フライパンへ油を少々入れて加熱します。先に茎の部分を炒めます。続いて歯の部分を入れて加熱し、醤油などの調味料で味付けます。3分程度で手軽に料理することができるので便利です。煮浸しも簡単に作れます。水と醤油、だしの素などと一緒にモヤシを鍋に入れ、軽く煮込みます。次に、一口サイズに刻んだ春菊を入れ、さらに煮込みます。軟らかくなったら、お皿に入れて完成です。花粉症対策としては、服選びも重要です。ウールやアクリルなどの素材を使用している衣服は、静電気を発生しやすく、花粉が付きやすいという特徴があります。また、表面に凹凸があるフリースなどの素材も花粉が付着しやすいです。花粉症の季節には上記のような素材の衣服を着用せず、ポリエステルやコットンなどを使用した衣類を着用するように心がけます。衣類の洗濯も重要になってきます。洗剤は花粉対策の部屋干し用のものを使用し、洗濯した後は花粉が付かないように室内に干します。気温が暖かくなると花粉の飛散量が増えてしまうので、どうしても洗濯物を外で干したい時は、夜や午前中に行います。洗濯する時に柔軟剤を使用すると、衣類の静電気を防止することができます。