扁桃腺がはれた時の花粉症の薬の服用と犬アレルギー

花粉症の症状が生じると、日常生活が営めないほどの症状に苦しめられることになるので、事前の対策が重要になります。
花粉症を事前に防ぐための方法は、複数存在します。
まず、マスクの装着です。
マスクというのは、飛散している花粉が多い場合に着用すると、体内の取り込んでしまう量を6分の1にまで減少させることができるのです。
花粉症ではない方が、普段からマスクを着用していれば、今後花粉症になる可能性は極めて低くなります。
ただし、強風が吹き荒れている場合などは、マスクの隙間から侵入してくることがあるため、完全にシャットアウトできるわけではありません。
次に、うがいが挙げられます。
鼻の粘膜には、目には見えない小さな毛が生えています
花粉は、この毛に付着しているので、うがいを講じることにより、すぐに洗い流すことができます。
同時に風邪の予防にも効果があるので、必ずうがいは欠かさないようにしてください。
うがいは、比較的多くの方が行う自己防衛手段ですが、効果的であるのにも関わらず、行われていないことがあります。
それが、洗顔です。
洗顔というと、起床後や入浴中に行うものという認識がされていますが、外出先から帰宅した時に行っても効果的です。
外出先から帰宅した時の顔には、多くの花粉が付着しています。
顔に花粉が付着したまま、部屋で過ごしたり、衣類に触れると、花粉が衣類についたり室内に浮遊してしまうので、常時花粉症の症状に悩まされてしまうことになります。
顔に付着しているのと同時に、洋服にも付着しています。
そのため、帰宅後は玄関に足を踏み入れる前に、しっかりと払うようにすると良いでしょう。
できれば、洋服ブラシを外に用意しておくことが好ましいです。