成人の花粉症と食物負荷試験について

小春日和で過ごしやすい時に限って、鼻に違和感を覚えたり、くしゃみや鼻水が止まらなくなるのが、花粉症です。
寒く厳しい冬を終え、春の到来が待ち遠しい反面、こうした症状に悩まされることを考えると憂鬱になる方が多いというのが実情です。
花粉に対し、人間の身体が起こすアレルギーの反応を、花粉症と呼びます。
体内に侵入してきた花粉に対し、身体が過剰に反応することにより、こうした症状が見受けられるのです。
つまり、くしゃみや鼻水、涙という行為は、侵入してきた花粉を洗い流す意味合いがあるのです。
くしゃみや鼻水という症状は、花粉の飛散状況により異なりますので、同時期でもその年によって症状には差異があります。
また、厄介なのが花粉症が流行する時期は、風邪が流行している時期と同じであるという点です。
しかも、見受けられる症状も酷似しているので、見分けがつきにくく、どちらの薬を飲むべきか判断に迷うというのも事実です。
花粉症にならないためには、当然ですが、大量の花粉が舞っている所に出かけないということです。
大量の花粉が舞っている所に出かけると、体内に花粉を取り込んでしまう可能性が高まるためです。
しかし、街路樹などから花粉が飛散することもあるので、完全に防ぐということは困難です。
そこで、行うべき対策は、できるだけ体内に花粉を取り込まないようにするということになります。
最も手軽な方法が、マスクです。
マスクを着用するだけで、吸い込む花粉の量を3分の1から6分の1にまで減らしてくれるのです。
さらに、現在花粉症ではない方も、飛散時期に積極的に着用するだけで、今後花粉症に悩まされる可能性が極めて低くなります。
ただし、着用後のマスクの取り扱いについては、注意しましょう。