症状別に選ぶ花粉症の薬

春は人や動物にとって嬉しい季節です。特に日本列島においては、アクティブに動ける数少ない季節であり、行楽シーズンでもあります。お花見やアウトドア、レジャーには最適なシーズンなのですが、気がかりなのが花粉症です。春先は最も花粉が飛散する季節でもあり、目の痒みやまぶたの腫れ上がり、目の充血などが花粉症の症状として現れてしまいます。また鼻水の増加、風邪のような鼻詰まりや鼻声が発生するため、楽しいお花見やアウトドアが全く満喫出来ない体調に陥るのです。月並みですが花粉症の対策には、症状に応じた医薬品を選ぶ事が重要になります。目の痒みなど、目に関する症状が中心の方は点眼薬がおすすめです。点眼薬とは要するに目薬になります。ただ眼精疲労対策の商品とは違い、花粉症対策で製造された点眼薬は、特別な成分が使われていますので、症状で悩む方は別途専用の目薬を入手しましょう。また軽度ながらも毎年確実に花粉症の症状を訴える方々は、内服の抗ヒスタミンのお薬が適しています。予防薬としても使えますので、前もって春先から飲んでおけば厄介な症状が発生しません。両者とも身近な眼科や耳鼻咽喉科で入手出来ますから、最近花粉症になった人々は、速やかにお薬を処方してもらいましょう。症状が確実に発生するものの、軽度な目の痒みや鼻詰まりだけに悩まされる方は、使い勝手の良い点鼻薬、漢方薬がおすすめです。眠気やだるさ等の副作用がなく、お薬代も安いため、初心者の方々にも向いています。また体質によって効く薬と効かない薬がありますので、最初の間は点鼻薬や内服の抗ヒスタミン、サプリメント、漢方薬をいくつか使い分けてみた方が良いかもしれません。いくつか自分なりに検証し、最も効果が正しく出た商品を常用すれば自分の体質にあった効果的な花粉症対策が可能です。

花粉症の薬の副作用

花粉症は現代病と言っても良く、日本人の3000万人以上の人がその症状で悩んでいます。テレビでは花粉の量の予想もされるようになり、くしゃみや鼻水、涙が出るなどの症状を抑えるため、春先はマスクやメガネをしている人を見ることも多くなりました。薬局やドラッグストアでも花粉症の薬を多く見かけるようになり手軽に買えるようになっていますが、それらの薬を服用するとやはり副作用はついて回ります。抗ヒスタミン剤、鼻炎用の薬など様々な花粉症の薬が販売されていますが、それらを服用することで良く見られる副作用の症状は、腹痛や下痢、吐き気といった胃腸の症状や、頭痛や吐き気といったものです。他にも抗ヒスタミン剤に良く見られるのが、眠気です。正確には脳の働きが鈍ってしまい、判断力などが低下してしまっている状態なのですが、それを眠気だと思ってしまっている人がほとんどです。眠気の出にくい抗ヒスタミン剤も販売されていますが、体質によってはそれでも眠気が襲ってしまうというケースもあります。また、場合によっては呼吸困難やショック症状などのアナフィラキシーショックや、肝臓や腎臓などの内臓へのダメージが副作用として起きる可能性もあります。
花粉症の薬を飲むと、全ての人に副作用が出るわけではありません。その人の体質や体調によって変わってきますが、以前同じ薬を飲んで副作用が出た場合には、薬を変えた方が良いでしょう。これは、医者から処方された薬でも、自分でドラッグストアなどで購入した薬でも同様です。また、少しでもいつもと違うなと感じた場合には、自己判断をせずにすぐに医者に診察をしてもらうことが副作用が出ることを抑えたり、症状が出たとしても軽く抑えるために重要です。

花粉症の市販薬と処方薬の違い

現在の日本では、厚生労働省の調査によれば国民の約20%が花粉症患者として報告されています。涙や鼻水が止まらず、身体の倦怠感など様々な症状に悩まされる人も多いでしょう。そんな症状に苦しめられる花粉症患者の強い味方が、薬です。点眼薬や点鼻薬、内服薬など様々な治療薬が使用されています。最近では市販薬でも効果の高いものもあり、わざわざ病院へ行かずにこういった市販薬で対応している人も多くいます。市販薬は効果が軽く汎用性があるものが多く、その分手軽にいつでも購入できます。ただ、市販薬はこういったメリットがある一方、本当に自分の症状に合ったものなのかわからないというデメリットもあります。花粉症の原因物質を正しく把握し、それに合った治療薬を利用しなければ、効果が無いばかりか治りを遅くしてしまうこともあるのです。その点、病院で処方してもらった薬は、専門の医師が問診や検査によって症状を正しく理解し、最も適切なものを処方してくれています。このため、その年に初めて症状が出た人、または症状が非常に重い人などは一度病院を受診して自分の症状がどのようなものか診断を受けておいた方が良いでしょう。市販薬は症状の軽い人向けに製造されているものがほとんどで、症状が酷い人には効かないこともよくあります。また、くしゃみと涙など症状が複合的に出ている人は、それ用に処方された薬でなければ効果はありません。また、2週間以上市販薬を使用したのに改善しない人も、病院へ行くようにしましょう。長い期間使用しても症状が治まらないという事は、その市販薬では効果が無いという事です。時間やお金を無駄にしないためにも、できるだけ早く受診するようにして下さい。

■市販薬より効果の高い花粉症のお薬
花粉症治療薬
■この薬は花粉症の以外にも効果を発揮します
ザイザルの用途とは
■世界中で花粉症などのアレルギー治療に使用されている
アレグラで今年も嫌な季節を乗り切ろう